市販の痛み止めが効かない!生理重い女性に避妊薬

生理重いと市販の痛み止めを服用するという女性も、多いのではないでしょうか。
市販の痛み止めを飲んで痛みが治まれば良いですが、中には効果が無いというケースも少なくありません。
市販の痛み止めでは改善できないような、生理重い状態は避妊薬で治療を行いましょう。

避妊薬と言えば、やはり避妊の為に服用する薬というイメージがありますが、実は生理重い症状の治療にも、ポピュラーに処方されています。
避妊薬には「卵胞ホルモン」と、「黄体ホルモン」という2種類の女性ホルモンが主成分となっています。
強い生理痛が起こる原因と言われているのが、厚くなり過ぎた子宮内膜です。
子宮内膜が増殖しなければ、受精卵の着床率が低下し不妊に陥ってしまいますが、厚くなり過ぎても様々なトラブルを引き起こしてしまうのです。

子宮内膜の中には「プロスタグランジン」という物質が含まれています。
プロスタグランジンは子宮を収縮する作用を持つ物質です。
プロスタグランジンが働く事で、子宮が動き子宮内膜が剥がれ生理となります。
ただ、プロスタグランジンが多くなり過ぎると、子宮の収縮が強くなり結果、生理痛となってしまいます。
避妊薬を服用すると、子宮内膜の増殖を抑制の効果が発揮されます。

プロスタグランジンが含まれる子宮内膜の増殖が、抑えられるので避妊薬を飲む事で生理痛を緩和できるのです。
また、子宮内膜が少なくなる為、月経の量が多いという生理重い状態の改善にも有効です。

ただ、避妊薬は太る・気持ちが悪くなるといった副作用のイメージが先行し、服用を躊躇う女性も少なくありません。
生理痛の治療に用いられるのは、女性ホルモン量を最小限とした低用量の避妊薬です。
ですので、副作用の心配はほとんど無いと言われています。

トップページへ