東川口の産婦人科の医院で処方される避妊薬

埼玉県川口市に住んでいる人で、妊娠を望んでいない人は、東川口の産婦人科に通院すると、避妊薬を処方してもらえます。避妊の方法にはコンドームやペッサリーなどの使用などがありますが、避妊薬は服用することによって、避妊をすることが可能になります。
日本では薬事法によって、ほとんどの避妊薬は医師の処方箋が必要になります。東川口の産婦人科で診察を受けると医師は処方箋を書いてくれますので、処方箋を持って近所の調剤薬局に行くと、避妊薬を処方してもらえます。病院内に薬局がある場合には、会計をする時に避妊薬を受け取ることができます。
避妊薬は健康保険の適用の範囲外になりますので、保険診療の医薬品よりも値段が高くなる傾向があります。薬によって値段に違いがありますが、東川口の産婦人科では、1ヶ月分を2000円程度で処方してもらえます。
東川口の産婦人科ではモーニングアフターピルと呼ばれる緊急避妊薬も処方してもらえますので、避妊をせずに性交をしてしまった時や、性交中にコンドームが破れてしまった時でも、避妊をすることができます。低用量ピルと呼ばれている低用量経口避妊薬も処方してもらうことができ、ホルモンバランスをコントロールすることによって、優れた避妊効果を発揮します。
低用量ピルの最大のメリットは、黄体ホルモンによって子宮の中に精子が入りにくくすることができ、着床しにくくなることです。二重の効果が得られるため、妊娠を防ぐことが可能になります。低用量ピルは女性ホルモンをコントロールしますので、定められた用法を守って服用することがとても大切です。間違った方法で服用すると、避妊の効果が得られないので、十分に注意をすることが必要です。

トップページへ