避妊薬に含まれている女性ホルモンが避妊成功のカギ

ピルを飲むと太る、不妊になるといった副作用が心配で使えないという女性がいますが、現在使われている低用量ピルを医師の指示通りに服用すればそういったリスクはありません。ピルは店頭では販売されておらず医師の診断後に処方されるお薬です。低用量ピルは錠剤の経口避妊薬で、1日1錠飲むことでほぼ100%の避妊成功率があるといわれています。赤ちゃんが欲しいと思い始めたら避妊薬の服用を止めれば、3か月ほどのちには妊娠可能な状態になります。避妊薬には避妊効果以外のメリットが多くあります。近年では避妊目的以外で使う女性が増えています。避妊薬が避避妊成功をもたらす理由と使うことで得られるメリットについて説明します。避妊薬の中には卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが含まれています。女性ホルモンは、卵巣から分泌されているホルモンで脳下垂体からの指示によってホルモンで排卵を促したり、子宮内膜を厚することで赤ちゃんを育てる準備をする働きをしています。避妊薬を服用すると女性ホルモンの量が体内で増えるので、脳下垂体は卵巣にある女性ホルモンに指示を出さなくなり卵巣の働きを休ませてしまいます。卵巣が休んでいるので排卵は起きず避妊成功となります。避妊薬を使うメリットとして生理痛や出血量を減少させたり生理の周期を正常に戻したりする効果があります。含まれている女性ホルモンはホルモンバランスの乱れによってできるニキビを治す効果もあります。子宮内膜症の予防や治療にも使われており、更年期障害の予防効果もあります。そして子宮外妊娠や子宮体がんを予防する効果があるといわれており、避妊薬には多くのメリットがあります。低用量ピルを検討している方は医師に相談してみることをお勧めします。

トップページへ