避妊薬の服用が生理1週間後になって知恵袋を利用

避妊薬を飲むタイミングは基本的には生理が始まった日にからなのですが、事情があって避妊薬を服用するのが遅れた場合には生理1週間後になる場合もあるのですが、この場合には薬の効果が出るまでの期間が長くなるので、次の生理の初日まで服用しないことも選択できます。避妊薬についてネットの知恵袋などを使用して意見を聞くと、生理1週間後からの避妊薬の服用では効果が低下するとされているのですが、本来はネットの知恵袋に頼るよりも婦人科を受診して医師のアドバイスをもらった方が正確な情報を手に入れることができます。パートナーとのセックスで膣内射精を不意にされた場合には低用量ピルによる避妊ではなく、緊急避妊薬を服用することが必要なので、72時間経過する前に婦人科を受診して緊急避妊薬を処方してもらうのが一番良い対処法となります。ネットの知恵袋では質問者の詳しいデータがないので、回答も中途半端になってしまいます。実際に婦人科の医師に相談をした場合には詳しい話をすることができるので、生理1週間後の対処法なども詳しく指導してもらうことができます。避妊薬としては日本の場合は低用量ピルが使用されているのですが、副作用の心配があるので、医療機関を受診してからピルを服用しなけらばなりません。また服用方法が他の薬とは異なっているので、生理に関する情報などを婦人科医に指導してもらって、正しい方法でピルを服用することが大切です。ピルは容量によって服用方法が異なる場合があるのですが、日本の医療機関では低用量ピルが処方されることが多いので生理の初日から服用をはじめて、そこから21日間は決められた時間に継続的に服用しなければなりません。

トップページへ