避妊薬は排卵と妊娠してから効果が無い

避妊薬は多くの女性にとって重要な薬といえます。望まれない妊娠は中絶などに繋がりますので常備薬として持っておいても良いくらいの薬です。
しかし、そのような避妊薬はある一定期間を過ぎると全く効果が出なくなるということは覚えて置かなければなりません。避妊薬は万能ではなく、使用するタイミングを誤らない事が重要となるのです。
まず避妊薬は、受精卵に対して何か働きかける薬ではありません。受精そのものを止めるのではなく、排卵しないようにする薬です。作用としては、排卵後、妊娠してからの体内環境を擬似的に作り上げる事で、排卵しないようにする事がこの薬の効能です。そのため、先に排卵した場合は薬効が著しく低下します。効果として排卵させないだけでなく、着床しにくいように子宮内を変化させますが、それでも飲むタイミングを誤れば妊娠します。性交後24時間以内に服薬すれば問題はほぼありませんが、そこから少しでも時間が経過すれば排卵抑制効果が期待できないため避妊薬としての効能は期待できなくなるのです。一応、72時間位内であればある程度効果が期待できますが、排卵後着床するとされる7日以内でも遅ければ遅いほどその効果は低下します。
そのため、受精してからであればまだ間に合いますが妊娠してからではなんら効果のない薬となるのです。そのため、避妊薬がない場合はネットなどで購入する場合は送られてくるまでに時間がかかるため、持っていない場合はすぐに服薬できるように病院に行くことがベストとなります。また、普段から常備している方でも、用法用量を守らなければ何の効果もない薬となりますので、普段から避妊薬を適切に利用する方法を身につけておき、失敗しないように心がけましょう。

トップページへ